一戸建てを建てたいならそれぞれの業者の特徴を知ろう

模型

伝統的技術で施工

部屋

独特の製法で建設されているお寺や古い建造物などは、専門の建築士でないと対応が出来ないケースが出てきます。こういった建物を手掛けるのが、専門教育を受けて腕を磨いてきた宮大工です。宮大工は屋台や山車といった、お祭りなどのイベントで使われる大道具から、文化財の修復や社寺の建設まで様々な建築物を手掛けているため、大工より技術力が高いことで知られています。このような伝統的な製法で家の施工を希望する場合は、宮大工の技術を持つ工務店に依頼するという方法が一つ考えられます。一般的に注文住宅などを建てる場合、通常の工務店などを利用しますが、宮大工に依頼すると様々なメリットがあります。宮大工は古くから伝わる耐震技術を用いて設計していくため、地震に強い家を造ることができます。一般的な建設方法にはボルトなどを使用して組み立てていきますが、宮大工の場合、ベースの柱のみ加工して、木だけで組み合わせていくため、倒壊しにくいと言われています。また、住宅のデザインも和風から洋風まで、依頼主の好みに合わせて設計できるのです。リフォームや増築作業も対応している宮大工も多いため、住宅に関するサービスを依頼する人が増えています。歴史的な建造物が多く見られる地域は、宮大工が常駐する工務店が比較的多いです。ですので、他の地域よりも宮大工の技術を住宅の施工に取り入れやすいと言えます。遠方から依頼を受け付ける工務店も存在しますが、大概は出張に要する費用などが上乗せされます。近隣で良い宮大工が見つかれば、色々な点でメリットが大きくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加